【リゾートバイトの感想を激白】小豆島に実際に行った僕が体験談を語る

スポンサーリンク

みんなの声
リゾートバイトってどんな生活しているの?

 

今回はこのような疑問に答えていきますね!

 

>>本記事でわかること
  • リゾートバイトの実態
  • リゾートバイトでの生活
  • リゾートバイトは良いのか悪いのか

 

まちゅ
どうもまちゅです!
まちゅ
この記事では、リゾートバイト生活を体験した僕がリゾバの良し悪しを赤裸々に語っていくよ!

 

リゾートバイトが気になるけど一歩踏み出せないって方、結構多いんじゃないでしょうか。

 

僕はかつて知らない土地に行って、お金を稼ぎながら生活したいという思いから小豆島のリゾートバイトに行った1人です。

 

  • 知らない土地に行きたい
  • とにかくお金を稼ぎたい
  • 気になるあの観光地で働きたい

 

こんな気持ちがあるにも関わらず、リゾートバイトの実態がよく分からなくて諦める人が多くいます。

 

この記事で、迷ってる方たちの悩みが少しでも解決できれば幸いです。

 

>>リゾートバイトならアルファリゾート!
スポンサーリンク

リゾートバイトに行った経緯

リゾバに行った経緯

僕は新卒入社した会社を辞めた時、

 

  • 知らない土地に行きたい
  • お金を稼いでどこかで生活したい
  • できれば島暮らしがしてみたい!

 

そう考えるようになりました。

 

なぜか島暮らしにこだわっていて、

「島暮らしでお金を稼いで生活できる方法」

をずっとネットで探していたんですね!

 

まちゅ
そしたらリゾートバイトがヒットしたんだよね!

 

なになに。

小豆島のホテルで住み込みでバイトができるだと!?

 

行くしかねぇ!

 

と決断したのですが、1人じゃ心細過ぎてフリーターの友達を誘いました。

 

まちゅ
すいません。やっぱりなんか怖くて。

 

友達は、僕の話を聞いて即答しました。

 

「OK!」

 

晴れて小豆島のリゾバに行くことが決定した瞬間だった。

 

リゾートバイトの実態

リゾバの実態

それでは気になるリゾバの実態ですが、

 

結論:普通のバイトとあまり変わらない

 

僕のバイト先は小豆島の観光ホテルだったのですが、基本的にレストランのホール作業がメインでした。

 

まちゅ
バイト先によると思うけど、リゾバの仕事内容はレストランのホール作業や配膳がほとんどだよ!

 

リゾートバイトの人間関係

しかし仕事内容は普通のホール作業と変わらないのですが、重要なのは人間関係ですよね。

 

ぶっちゃけ人間関係がリゾバにおいて1番重要なポイントかもしれません。

 

僕もそれが心配でドキドキしながら出勤しましたが、

 

僕のところは当たりでした。

 

まちゅ
良い人ばかりで、人間関係においてはかなりやりやすかったです。

 

僕は家庭の事情で1か月も経たないくらいで緊急帰国したのですが、

 

友達は3か月の契約を延長し、半年間リゾバしていました!

 

まちゅ
友達は僕がいなくなった後も1人で楽しくやってたっぽい!社員やバイト仲間とも仲良くなって休日遊びに行ってたらしいし!

 

環境の悪いリゾートバイトも存在する

だけどこのリゾバも楽しいとは限りません。

 

リゾバ生活を何年もしている人の口コミを見ていると、

 

社員の人から毎日のように罵倒されまくった。

 

という話もありました。

 

まちゅ
結局、人間においては当たりはずれがあるんだね。

 

少しでもリゾバに安心して行きたい場合は、

  • 一緒に行ける友人がいたら誘ってみる
  • 行きたいバイト先の口コミや情報がないか調べてみる

などの行動を事前にしておくといいかもしれません。

 

ですが、どこの職場においても人間関係は必ずあります。

 

仕事内容は普通のバイトと変わらず慣れれば簡単なので、まずは慣れるまで頑張ればなんとかなるんじゃないかなと個人的に思っています。

 



スポンサーリンク

リゾートバイトでの生活

リゾバの生活

数年前のことで若干うろ覚えな部分もありますが、

 

僕のバイト先でのシフト表はこんな感じでした。

 

  • 週5~6勤務
  • 出勤は、朝と夜
  • 朝4時間、夜4時間

 

朝は7時から11時まで。

夜は16時から20時まで。

 

大体ですがこんな感じで、1日2回出勤していた感じですね!

 

まちゅ
もちろん朝だけの日とか夜だけの日みたいな時もあったよ!

 

勤務以外は自由なので、観光しても良し!寝ても良し!みたいな生活ルーティーンでした!

 

どんな生活を送っていたのか

リゾバでの寮

基本的に朝と夜に仕事がある日は、

  • 6時~7時:起床・準備
  • 7時~11時:出勤
  • 11時~16時:昼飯・仮眠
  • 16時~20時:出勤
  • 20時~:夕飯・風呂・就寝

みたいな生活リズムでした!

 

宿に関してはホテルが持っている寮みたいなアパートに住んでいました!

 

昼飯や夕飯はホテルの食堂で用意してくれていたので、それをいただいてました!

 

お風呂もホテルの浴場を利用してOKだったので、毎日ホテルの風呂入ってました!

 

まちゅ
そうです!衣食住において僕たちの出費は0円!出勤がない日でも飯だけ食いに食堂に行ったりもしましたね!

 

友達は、休みの日に仲の良い社員さんと一緒にフェリーに乗ってよく本土へ買い物に行ったそうです。

(※小豆島はフェリーに乗らないと島以外のところに行けなかったんです)

小豆島のフェリー

 

給料面はどれくらいなのか

しっかり覚えてないですが、確か1100円前後でした。

 

1か月フルに稼いで20万前後でしょうか!

 

もっと稼ぎたい人もいるかもしれませんが、リゾバのメリットは衣食住の出費がほぼ無いとこにあります。

 

まちゅ
毎日の出費が無さ過ぎて、勝手にお金が溜まっていきます!

 

またもや友達の話になりますが、僕の友達は半年で100万くらい貯めましたよ!

 

リゾートバイトは良いか悪いか

リゾバは良いのか悪いのか

僕の結論としては、良いです。

 

同じリゾバ体験者でも意見は分かれるかもしれません。

 

苦い思いをした人は「リゾートバイトなんてもうしたくない!」って人もいるでしょう。

 

ですが、

お金が貯まる

という点においてはほぼ確実です。

 

  • お金をどうしても貯めたい
  • 今の環境と離れて働きたい

 

こういった人たちにはリゾバは確実にオススメです。

 

まちゅ
リゾバはお金を貯める手段としては最強!

 

逆にオススメできない人は、観光目的でリゾバを考えている人。

 

確かに観光は思う存分できますが、最初の1週間くらいで観光の目的は達成できます。

 

その後も何か月も働かなければならないのに観光という目的が失われてモチベーションが保てるか怪しいですよね。

 

自分のモチベーションが保てる覚悟がある人だけ、リゾバに行きましょう!

 

>>全国リゾートバイト求人情報満載!

まとめ:リゾバは思っているより怖くない

小豆島のホテル

僕も最初はリゾバってなんか怖いって思ってました。

 

どんな仕事をしてどんな生活を送ることになるんだろう。

 

とか考えてましたが、本当普通でした。

 

まちゅ
言ってみれば、観光地でとことんバイト生活してるだけ!

 

そこで何が起こるかは行ってみないと分からないですが、行く前の知識としては、

 

ホテルとか宿でとりあえずバイト三昧せなあかん!

 

っていう認識だけ持っておけばOKです。

 

 

僕的には、

 

マジで行くことに悩んでるなら行ってこい!

 

そんな気持ちです。

 

 

それでは今回はこれにて!

 

バイチャ(^^)/

 

小豆島の観光記事はコチラで

 

>>寮費・水道光熱費無料・食事付のリゾートバイト!

 

スポンサーリンク

ABOUT US

まちゅ
このサイトを運営しているまちゅです! 好きな事をして、楽しく生きるのが僕のモットーです。社会のルールに縛られない生き方をするためにまちゅブログを開設。 まちゅブログでは、人生や日々の生活に役立つ知識・考え方を僕の体験談を交えながら語っていきます。