交通量調査はきつい?何度も体験してきた僕がその内容を語る

スポンサーリンク

みんなの声
交通量調査のアルバイト気になるけど、どんな感じなのか知りたい!

 

今回はこのような疑問を解決していくよ!

 

>>本記事でわかること
  • 交通量調査はどんな仕事か
  • 交通量調査はきついのか
  • 僕がやってきた交通量調査の体験談

 

まちゅ
どうもまちゅです!
まちゅ
この記事では、交通量調査について赤裸々に語っていくよ!

 

僕は学生時代にたくさんのアルバイトを経験してきたのだが、その中でも金欠の時に重宝していたのが、

 

交通量調査!

 

単発のバイトで給料の支払いも即日貰えたので、急な出費がある時は本当に助かった!

 

まちゅ
僕自身、10回以上は交通量調査をしてきたよ!

 

「交通量調査のアルバイトをしてみたいけど不安」

 

という人のために、この記事で交通量調査がどんな仕事なのかぜひとも知っていってほしい。

 

スポンサーリンク

交通量調査はどんな仕事なのか

交通量調査の仕事内容

そもそもなんで交通量調査を行っているのかと言うと、

 

国や自治体が行う交通量調査の目的と言えば、道路交通の円滑化を図るためや、交通事故を減らすための施策を作るための基礎資料を作ることにあります。

参照元:有限会社ソルブ

 

まちゅ
なるほど!めちゃくちゃ大切な仕事なんだね!

 

それでそれで、雇われた僕たちが何をするのかと言うと、

 

交通量を数えます!(そのままかい!)

 

まちゅ
ですが車の量だけではないんですよ!

 

  • 自動車の数
  • 自転車の数
  • 歩行者の数

 

計測地によって何を数えるかは異なりますが、いろいろな交通量調査があります!

 

まちゅ
僕は地下鉄の歩行量調査とかもやったりしたよ!

 

さてどのような流れで仕事を進めるのか。

 

ざっくりこんな感じ!

 

交通量調査の流れ
  1. 計測カウンターと記録用紙を持って計測場所に向かう
  2. 計測場所に椅子を設置して、座った状態でスタンバイ
  3. 計測時間になったら、計測開始!
  4. 1時間ごとの交通量を記録用紙に書く

 

まちゅ
僕のやってきた交通量調査は全部こんな流れでした!

 

地域や会社によっては、若干やり方に違いはあると思いますが、大体こんな仕事だと思ってもらえればOK!

 

>>アルバイト求人情報マッハバイト

 

交通量調査はきついのか

交通量調査のきつさ

「きついバイトなのかどうか」

 

コレめちゃくちゃ大事ですよねー。

 

まちゅ
わざわざキツいバイトなんかしたくないからね!

 

結論を言ってしまうと、

 

時と場合による!

 

具体的に説明すると、

 

  • 交通量が多い場所かどうか
  • 屋内なのか屋外なのか
  • 拘束時間はどれくらいか

 

という点でキツさが左右します。

 

まちゅ
交通量が多い場所の方がもちろんキツイ!気を抜く時間もありません!

 

まちゅ
計測場所も屋内と屋外があります!まぁ基本的に屋外ですが、雨が降ったり快晴だったりすると、キツさが跳ね上がります。

 

まちゅ
拘束時間も長いモノほどキツイです。僕は24時間拘束の交通量調査何回かやりましたが、本気で逃げ出したくなります。

 

サクッと交通量調査をしたいなら、拘束時間が長すぎず、交通量が少なそうな調査が1番ラクと言えますね!

 

ちなみに1人で行くのが心配な人に言っておきますが、心配しなくて大丈夫です。

 

まちゅ
基本的に調査中に会話は皆無です。黙々とカウンターをカチカチするのみ。

 

人間関係は気にしなくていいので、自分でもやれそうな交通量調査があればチャレンジするといいですよ!

 

まぁ友人と行った方が、メンタル的にはラクだけどね!

 

まちゅ
僕は全部友人と行きましたが、1人で参加してる人もたくさんいましたよ!

 

スポンサーリンク

僕がやってきた交通量調査の体験談

交通量調査体験談

さて僕のやってきた交通量調査を紹介しつつ、その時の感想を赤裸々に語りたいと思います。

 

たくさんの交通量調査をしてきた僕ですが、

 

今回はキツかった順に3つ語っていきたいと思います。

 

24時間拘束の歩行量調査

地下鉄

まちゅがキツかった交通量調査第1位は、

 

東京の地下鉄での24時間拘束の歩行量調査!

 

まちゅ
ダントツの1位です。

 

3時間に1回、1時間の休憩が貰えたものの、泣きそうになりながらやっていました。

 

東京の地下鉄の歩行量調査は場所にもよるんですけど、少ないところは比較的やりやすいんです。

 

だけど僕は新宿か原宿(どっちか忘れた)に配置されて、24時間数え続けました。

 

まちゅ
歩行量多すぎて開始1時間でもう帰りたくなりました。

 

そもそも富山から東京まで高速バスで行き(高速バスは会社側が用意)、現地で24時間調査して、またバスで帰るってさ、

 

拘束時間約40時間やんけ!

 

まちゅ
そりゃメンタルも肉体もおかしくなるわ!

 

確かに1発の給料はデカいけど、やるつもりの人は覚悟が必要ですよ。

 

雨の日の交通量調査

雨の日

まちゅがキツかった交通量調査第2位です。

 

雨の日の交通量調査!

 

まちゅ
これは地元富山でやった交通量調査ですが、やばすぎました。

 

拘束時間は12時間で、普通の天気なら別に余裕なんですけど、

 

その日は1日中大雨でした。

 

カッパ着て傘さして、車の数を数えて、紙に記録する。

 

まちゅ
できるかよっ!!!

 

カッパ着て傘さしたところで、全身びしょびしょ。

 

寒い時期だったので、濡れた体で雨に打たれるのが寒すぎて、それが1番辛かった。

 

常に全身が震え続け、交通量なんか数えてられない。(数えたけど)

 

まちゅ
そもそもね傘をまともにさせないの!手が震えてるし、カウンターで交通量カチカチしないといけないから!

 

みなさん覚えておいてください。

 

交通量調査のキツさは、天候にクッソ左右されます。

 

交通量の少ない場所での交通量調査

林道

これはまちゅが1番キツくなかった交通量調査です!

 

交通量が少ない場所での交通量調査!

 

まちゅ
これは最高だった!何回でもやりたいくらい!

 

この時はすべてが整っていました。

 

  • 心地よい天気
  • ほとんど通らない自動車
  • 友人3人での配属

 

まちゅ
言う事なしでラクでした!

 

1時間に車100台くらいしか通らない道(林道みたいなとこ)で友人3人で12時間交通量調査をしました。

 

仕事はラクかどうかで決めるモノじゃないかもしれないけど、交通量調査をするならラクなモノをしたい!

 

それがまちゅの本音です。

 

まとめ:交通量調査はラクでもありキツくもある

楽しむドライブ

以上が経験者まちゅによる交通量調査レビューでした!

 

トータルで言えば、ラクな部類かなーと思っています。

 

ですがそれでも心配な人は、

 

  • 計測地はどこなのか
  • 拘束時間は何時間なのか
  • 当日の天気予報は大丈夫か

 

という点に気を付ければ、めちゃくちゃキツい交通量調査には巡り合わないでしょう!

 

実施場所や時間は、求人にしっかり書いてあると思うので、自分ができそうなものを吟味してからチャレンジしてみてください!

 

 

それではこれにて!

 

バイチャ(^^)/

 

>>掲載件数150000件以上ならマッハバイト

 

 

スポンサーリンク

ABOUT US

まちゅ
このサイトを運営しているまちゅです! 好きな事をして、楽しく生きるのが僕のモットーです。社会のルールに縛られない生き方をするためにまちゅブログを開設。 まちゅブログでは、人生や日々の生活に役立つ知識・考え方を僕の体験談を交えながら語っていきます。