感傷的になった時こそがチャンス!本当の自分が見えるのは感情が敏感な時だ!

感傷的アイキャッチ
スポンサーリンク

どうもまちゅです。

 

いやー最近めちゃくちゃセンチメンタルです僕。

 

ちょっとドロドロしたラブコメ漫画を読んだのですが、読み終わった時には心が虚無感に襲われました。

 

作品のヒロインに感情移入しすぎて(主人公じゃないんかい!)、一喜一憂しながら読み進めてきました。

 

なんだろう、漫画と言えど本当に素晴らしい作品で、今の僕はあたかも恋人に振られたかのようなそんな感傷的な気持ちの状態にあります。

 

感傷的になっている今、いろんな事を考えさせられるのです。

自分の恋愛とか、自分の人生とか、自分のやりたい事とか。

 

いつも明るい自分なら普段こんな事考えるなんて無いのに、気分ひとつですぐさま心は揺さぶられるようです。

 

スポンサーリンク

感傷的になると暗い気分になる

感傷的になる瞬間っていうのは基本的に暗い気分の時が大概。

 

僕の場合なら、恋人に振られた時とか、仕事を辞めたい時とか、やりたい事が分からない時とかかな?

 

まぁほとんどの人がそうだと思うけど、感傷的になった時はいろいろ考えすぎてとにかく辛い。

 

胸がヤキモキしたり、心が痛かったりする。

 

僕の場合は、夜になると更に感傷的になる。

 

暗い部屋に1人でいると、「あーあ俺って何がしてえんだろ」的なかなりイタイ人間になってしまう。

 

感傷に浸るっていうのは、それほどまでに自分についていろいろ考えてしまうのだ。

 

平和な毎日はそれなりの満足の繰り返し

普段の僕はどんな生活をしているかと言えば、仕事して飯食ってたまに遊んで寝る、そんな感じである。

 

それなりの満足を得て、平和に1日を終えるのだ。

 

というか大体の人は何事もなけりゃ平和に毎日を過ごして、そうやって歳をとっていくんじゃないだろうか。

 

平和っていうのは、あまり意識してこなかったけど、”一定の満足感”を得ているように思う。

 

その証拠に平和が続いている最中は、自分の不満に向き合おうとしない。

 

それなりの満足感を得ているから、このままの生活で大丈夫って思い込んで、それで月日が経っていくんだ。

 

もし胸に小さな突っかかりがあったとしても、平和な毎日はそれに向き合う隙を与えてくれないんだよね。

 

スポンサーリンク

感傷的になった時にこそ新しい気持ちが芽生える

少しの不安や苦しみがあっても平和な毎日はそれをすぐに忘れさせる。

 

だけど感傷的になった時、一気に自分にその不安とか苦しみが押し寄せてくる。

 

僕は感傷的になりやすいので、センチメンタルな時期の深夜なんかはいつもいろんな感情が押し寄せてきます。

 

昨夜も漫画のせいで感傷的になってたので、いろいろ考えてました。

 

「俺って何したいんだろ。何のために生きてるんだろ。何で頑張って生きてんのに辛い事ばかりなんだろ。」みたいなイタイ子になってました。

 

普段の自分ならこんな事考えないけど、感傷的になるといつも考えてしまう。

 

将来の事とか自分のしたい事を考えて考えて、胸が詰まるくらいに考えてしまいます。

 

感傷に浸りすぎるとたまに泣きそうになります。笑

 

でも感傷に浸って、”周りから見たらイタイ奴と思われるくらいに自分と向き合ってる時こそが本当の自分の気持ちに向き合えてる瞬間なんだ”と思う。

 

感傷に浸る事は自分にとって必要な時間

強い人は何か辛い事があって感傷的になっていても、すぐにそこから立ち上がろうとする。

 

「クヨクヨしてたらダメだ!元気出さなきゃ!」的なやつ。

 

でも無理しなくていいんじゃないかな~って僕は思うんです。

 

確かに感傷的になっている時間はいろいろ考えすぎて辛い。胸が苦しくなる。

 

でも感傷的な時じゃないと、本気で自分の心と向き合える時間って案外無かったりする。

 

もしあなたが自分の毎日を思い出した時、本当の自分の気持ちと向き合ってる時間ってどれくらいありますか?

これは楽しいとか悲しいとかそんなレベルの気持ちじゃなくて、胸が苦しくなるような本気の自分の心のことです。

 

多分ほとんどの人があまり向き合えていないと思う。

 

だってみんな強く生きようとして必死だもんね。

 

でも言いたい。

そんな時に辛くて苦しくて自分を悩ます状態に陥っても、無理して強がらなくていいんじゃないかなーって。

 

そんな時は死ぬほどいろんな事考えるのもアリなんじゃないかな。

 

そんな時にしか自分を本気で見つめるタイミングって無いから。

 

少しは弱っちくメソメソ泣いたらいいのよ。

 

自分を見つめてチャンスに変える

僕なんかはここ数年、感傷に浸りすぎて鬼のように自分を見つめてきました。

 

もはや感傷のプロかもしれません。笑

 

その度その度、自分のやりたい事と向き合ってきた。

 

ブログ始めたのも、感傷的になった時に強がらず本気で自分を見つめてきたからです。

 

そうやって本気の本気で自分を見つめないと、分からない事がたくさんあったりします。

 

ちょっと最近の話ですが、ブログをやってる僕はなんでこんな事してんだって考えてたんです。

 

そこで本気で見つめなおした時、

「あーやっぱ俺がブログでやりたいのは、俺が人生で感じたいろんな感情を自分と似たような人に届けたいからなんだな」

ってハッキリ分かった。

 

だから自分的に気に入らないブログの記事結構消しちゃったんだよね笑

 

 

 

まー、そんな感じで感傷的な時って”チャンス”なんじゃないかなって今はそう思うんだよね。

 

 

 

てことで今回はこのへんでおさらば!

 

バイチャ(^^)/

 

スポンサーリンク

ABOUT US

まちゅ
このサイトを運営しているまちゅです! 好きな事をして、楽しく生きるのが僕のモットーです。社会のルールに縛られない生き方をするためにまちゅブログを開設。 まちゅブログでは、人生や日々の生活に役立つ知識・考え方を僕の体験談を交えながら語っていきます。