自分の中の当たり前は他人にとってはそうじゃない。だからと言って理解もしなくていい。

当たり前アイキャッチ
スポンサーリンク

どうもまちゅです。

 

やたら他人の行動に目が行ってしまう
今日この頃。

いや昔からだな。

 

職場とかプライベートとかいろんな場所でふと思うことがあるんですねー。

 

“なんでこの人こんな事してんの?”って。

 

なんでこの人こんな事してんの?みたいな理解不能な行動を見ると、「俺なら絶対にそんな事しないのにな~」っていつも思います。

 

分かりやすく例えるなら、「なんであいつあんな仕事の仕方が雑なの?もっとキッチリやるのが常識でしょ」っていうような自分の気持ちの事です。

 

「常識的に考えて、ーーだ」みたいな考え方は果たして本当に常識的なのか、そこらへん語っていく。

 

スポンサーリンク

自分と他人の当たり前の違い

これは僕の高校の時の話。

 

僕の高校の英語の授業では、よく英単語テストが行われていた。

英単語100個のスペルと意味を覚えるだけの言わば暗記問題。

 

僕は暗記が得意なので、1時間あれば大体は覚える事ができた。

 

僕の中では暗記問題のテストは、ちょっと勉強するだけで点数は簡単に取れると思っていたから、点数が低い人は単に勉強してなかったんだろうなと思っていた。

 

そう思っていたけどそれは僕の勝手な思い込みだと知る事になった。

 

僕の仲の良い友人は普段からそこまで勉強ができる方ではなく、今回の英単語テストも赤点で追試を受ける事になっていた。

 

「一緒に勉強するか!」と僕は言って、友人は何時間も英単語だけを覚えるために頑張った。

 

目の前で僕はちゃんと見ていたので、サボってないのはしっかり分かっているし、絶対次は良い点数を取れるだろうと思っていた。

 

しかしまた赤点だった。

 

ぶっちゃけ僕からしたら信じられなかった。

 

僕からしたら有り得ない事だったからである。

 

自分の当たり前は通用しない時もある

上記の英単語テストの話で思ったのは、”自分と他人は完全に頭の構造が違う”という事である。

 

友人の事をバカとか言っているのではなく、暗記に関してだけ言えば自分と友人では、自分の当たり前が全く通用しないのだ。

 

僕もそんなに頭は良くないが、そんな自分が「これくらいは普通だろ」と思っていた事が全然そうじゃなかったのだ。

 

高校時代のこの英単語テストで僕は初めて、自分の当たり前がそうではない事を知ったのだった。

 

 

話は変わって、

あなたは職場の人やプライベートの友人に理解できない人はいますか?

 

僕はいます。何人もいる。

 

”なんでそんな仕事の仕方するの?”

”なんでそんな思いやりがないの?”

”なんでいつも自分勝手なの?”

とか思いますよね。

 

でも自分が当たり前だと思う考えは、決して他人の当たり前じゃないんです。

 

ていうか他人にとってはあなたが当たり前じゃない事してるんです。

 

めっちゃ普通の事言いますが、”他人は自分じゃない”ですからね。

 

 

回りくどくなりましたが結局言いたいのは、

 

当たり前じゃない事をしている他人の動きを気にしているのは、他人のせいじゃなくて自分のせいだって事。

 

理解できなくて憤りを感じても、それは相手だって同じこと。

 

理解不能でも、”そこで怒るのか、それとも尊重するのか”が1番大事なんではないかな。

 

 

 

最近は理解しがたい人間性の人がいても「個性」と言われているのをよく見ます。

 

いろんな生き方がある現在では、当たり前じゃないと思える事柄に対して寛容な気がします。

 

変な人もいますが、僕は個性を大切にする風潮好きです。

 

スポンサーリンク

他人の当たり前は理解できなくて当然

自分の当たり前と他人の当たり前が違うのは当然です。

 

すなわち理解できないのも至極当然。

というより理解できるわけがない。

 

潔癖の人が、片づけられない人間の気持ちを理解できるだろうか?うーむ絶対できないだろう。

 

大事なのは、理解できないけど、その後どうやって関わっていくかである。

 

嫌いになったり、注意したりする人もいるけど、これは自分の当たり前を一方的に強要している形である。

 

そうやって自分の当たり前を基準に生きていると、周囲からは器の小さい人間だと思われても仕方ないだろう。

 

気持ちは分からんでもないけど、”世界にはいろんな人がいる”っていうのを理解して、受け入れがたい人に対しても寛容な気持ちでいるのが1番良いのではないかと僕は思う。

 

だって自分の当たり前を基準にして生きててキツイのは自分だから。

 

 

という事で今回はこれでおしまい!

 

あ、あと余談だけど、

当たり前じゃないモノに対して寛容になろうとか言ってるけど、犯罪とか明らかに悪いと思える事に対しては言ってないから!

誰が見ても十中八九「これは悪だ!」っていうのに関してはワイも絶対許さんから!

 

あくまでも「個性」の話です。

意図的な「理解不能な行動」はまた別。それに対しては寛容にならなくていい。

 

まぁそんな感じ。

 

バイチャ(^^)/

 

スポンサーリンク

ABOUT US

まちゅ
このサイトを運営しているまちゅです! 好きな事をして、楽しく生きるのが僕のモットーです。社会のルールに縛られない生き方をするためにまちゅブログを開設。 まちゅブログでは、人生や日々の生活に役立つ知識・考え方を僕の体験談を交えながら語っていきます。