【ドメスティックな彼女を読んだ感想】最終巻まで飽きずに読める神作だった!

スポンサーリンク

まちゅ
どうもまちゅです!

 

大の漫画好きで有名な僕ですが、
最近さいっっこうに面白い漫画と出会ったんです。

 

ドメスティックな彼女という漫画です。

 

青春ラブストーリー的な内容の作品で、複雑な恋愛模様を描いています。

 

僕がなんでこの作品を読もうと思ったかと言うと、マガポケという漫画アプリで200話無料になっていたから「読むしかねぇ!」となったわけであります。

 

まぁまぁエロ要素も含んでいるので、最初の数話まではそれ目的で読んでいましたw(キモイとか言うな!)

 

だけど読み進めていくうちに面白すぎて止まらなくなって、エロ要素なんかどうでもいいくらいに漫画の世界観に引き込まれてしまった。

 

日頃結構漫画を読んでいる僕ですが、恋愛漫画では過去トップレベルで面白かった。

 

僕の中で青春恋愛モノはいちご100%が不動の1位だったのに、塗り替えられてしまった。

 

漫画の紹介記事とか普段書かないけど、本当に面白くて書かずにはいられなかった。それくらいにハマってしまったのだ。

 

 

ここからはかなりネタバレ書いていきます。

読む気がある人は進まないでください!マジで!

 

【コミック】ドメスティックな彼女(全28巻) コミック – 2020/8/16
created by Rinker

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女の作品紹介・登場人物

ドメスティックな彼女の紹介

ドメスティックな彼女は週刊少年マガジンにて連載されていた作品です。

 

全28巻の超きゅんきゅんラブコメ作品です。

 

ドメスティックな彼女のおおまかな内容はこんな感じ↓

小説家を目指す高校生ナツオは登場時、英語教師のヒナにマジで惚れていた。

だが合コンで知り合ったルイと成り行きで初体験をしてしまう。

そんな中、父親が再婚することになり新しい家族と同居することに。

新しい母親には娘が2人おり、それがヒナルイだった。

そこから義姉妹となったヒナルイと複雑な恋愛をすることになる。

っていう感じ!

 

基本最終巻までこの3人を中心に物語は進みます。

他の登場人物も結構いますが、ここでは割愛。

 

おそらくドメスティックな彼女が人気なのはルイの可愛さがえげつないからでしょう。

僕もルイが好きすぎて、好きな女性キャラクター1位になってしまいました。

 

だけど僕がこの作品を好きになった最大の理由は、心情や表情の描き方が非常に丁寧であるところ。

複雑な恋愛ゆえに登場人物もみんな複雑な気持ちを抱えますが、それがしっかり分かりやすく描写されています。

だから感情移入もしやすく、読み手の心もぐわんぐわん揺さぶられます。

 

 

ここからはかなりのネタバレを含んでいきます。

読む気があるなら本当にここでストップ!

 

その前にちょっと主要キャラ3人の紹介を挟んでおきます。

ナツオ

小説家を目指す高校生。登場時はヒナにぞっこん。困難を乗り越えヒナと1度は結ばれるが、義兄弟であること、そして生徒と教師という複雑な事情があり別れることになる。その後は側でずっと支えてくれたルイと両想いになり結ばれる。なんやかんやでヒナルイも大好き。

ヒナ

明るくて元気で気使いができる巨乳な義姉。登場時は他の男性と不倫していたが、次第にナツオに魅かれていく。複雑な事情からナツオの前から姿を消したりして距離を取ろうとするが、本当の気持ちはナツオが好きでたまらない。

ルイ

めちゃくちゃ可愛い義妹。ナツオとはタメ。登場時は表情や性格が固く、気持ちを表現するのがヘタクソ。しかしナツオと関わっていくうちに表情が豊かになっていき、めちゃくちゃ可愛くなる。ほぼ最初から最後までナツオが好きで、なんせ可愛い。

 

ドメスティックな彼女の複雑な恋愛事情

ドメスティックな彼女の複雑な恋愛事情

ぶっちゃけこの漫画は本当に複雑なのでその世界観をここで語るのは非常に難しいです。

 

そもそも義姉妹と恋愛する時点で複雑なのに、義姉義妹の両者と恋愛する事になるので、そりゃもう複雑オブ複雑ですよ。

 

ひとつ言っておきたいのは、ナツオもヒナもルイもそれぞれがそれぞれを本気で愛しています。

だから3人のうち誰かが誰かを嫌いになるとかはないです。

ゆえにドロドロ感はあまりない。でも見てて辛くなるのは何度もありましたね。

 

ナツオはヒナにアタックするけどフラれたり、

ルイもナツオにアタックするけどフラれたり、

ヒナもナツオが本当は好きなのにその思いを封印したり。

 

本当に複雑なんです。

 

みんな辛い思いをして泣いたり悔んだりするけど、そんな難しいそれぞれの気持ちを丁寧にキレイに書いてくれているので、のめりこむように読めてしまいます。

 

僕が今まで読んできた大抵の漫画は、中だるみと言うか途中途中でつまらないと思うのが結構ありましたが、ドメスティックな彼女はずっと面白くて心が揺さぶられました。

 

「ナツオはヒナとも付き合うしルイとも付き合うし、結局これ最後はどうなるんだ!?」と考えながらも、どっちかを選ぶしかないからハッピーエンドはありえないしな~なんて辛い気持ちでずっと読んでいました。

 

読んでいる限り、途中はずっとルイと付き合っていたし、ルイとの関係の方が深くなっている感じがしたので、ルイエンドかな~とか思っていましたが違いましたね…

 

気になる結末ですが、

言っちゃいますよ、、、?

 

引くなら今だぞ??

 

 

 

ルイとの間に子供が生まれパートナーとして一緒に子供を育てていきながら、結婚するのはヒナという結末。

 

 

この結末には賛否両論。

さてこれについて語っていく。

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女の賛否両論の結末

ドメスティックな彼女の結末

ルイとの子供を育てながら、ヒナと結婚する。

 

この結末はめちゃくちゃ賛否両論分かれたようです。

いやむしろ反対意見の方が多かったかもしれない。

「最後のせいで全部台無し」とか言う人も結構います。

 

確かに他の女性と結婚して、違う女性との子供を育てるのは男としてヤバい気はする。

 

でもこの結末が炎上したのは、ルイの人気がぶっちぎりで多かったからだと思う。

結局結婚したのはヒナだからルイがかわいそすぎるっていうファンが多すぎて炎上しまくったのも1つの理由だろう。

 

 

でも僕はこの結末で納得している。

僕もルイ推しだけど、全国にはヒナ推しもいるわけだ。

どっちかを選べばどっちかが悲しむし、作者だってそれを分かったうえでこの結末にしたんじゃないかなーと。

 

ルイには愛の結晶である子供を。

ヒナには結婚という愛の形を。

という感じで一応ヒナにもルイにも幸せの形を与えたつもりなんじゃないかな。

 

まあ結婚がハッピーエンドと考えるなら、やっぱりヒナエンドに終わったと考えるのが妥当だけど…

 

でも叩いている人は「ただルイがかわいそう」っていう理由で叩きすぎな気もするんだよな。

 

僕だってルイ推しでルイがかわいそうに思うけど、でも自分も作者ならルイだけを幸せにする結末は書かない気がする。

 

 

 

そう、だからね、

僕的にはドメスティックな彼女の結末は”こうするしかない”という結末にも思えるのだ。

 

ルイだってヒナとナツオの結婚を祝福してるんだから、いいじゃないか。

 

こんな神作なのに叩かないでくれみんな。

 

ドメスティックな彼女を読んだ感想:まとめ

この作品を読み終わった時、感情移入しすぎていた分、心にポッカリと穴が開いたような虚無感に襲われました。

 

それだけ僕はどっぷりとハマり、最高の漫画だと思ったのです。

 

登場人物の心や表情、それぞれの恋愛事情や人生観など、いろんな事を学ぶことができた漫画でした。

 

 

ラブコメの世界にどっぷり浸かりたい人に非常におすすめ。

いや僕的には誰にでもおすすめしたい漫画ですね!

 

あくまで少年漫画なので、女性の人が読んだらハマるか分からないですが、いろいろ学べるいい作品なのでみんなに読んでほしいな~。

 

 

というわけでドメスティックな彼女最高でした!

 

ではさらば!(^^)/

 

【コミック】ドメスティックな彼女(全28巻) コミック – 2020/8/16
created by Rinker

 

関連記事:【めぞん一刻を読んだ感想】人生観が180度変わるくらい素晴らしい漫画だった

 

スポンサーリンク

ABOUT US

まちゅ
このサイトを運営しているまちゅです! 好きな事をして、楽しく生きるのが僕のモットーです。社会のルールに縛られない生き方をするためにまちゅブログを開設。 まちゅブログでは、人生や日々の生活に役立つ知識・考え方を僕の体験談を交えながら語っていきます。